外壁塗装業者選びに失敗しないために出来ることをご紹介!

SITEMAP

Outer wall paint

Recommended Contents

外壁塗装業者選びに失敗しないための注意点

時計塔

外壁塗装は使用している塗料の主成分(樹脂の種類)によって耐久年数が異なります。通常、1つの建物でも何種類もの塗料を部分的に使い分けており、一般的に価格の安い塗料ほど耐久性が低く、高い塗料ほど長持ちしますが、大抵の方は最初の塗装から5~10年で塗り直しを依頼します。外壁塗装は素人には手抜きが判別しづらい工事のため、信頼できる業者を選ぶ必要があります。今回は業者選びに失敗しないための注意点をご紹介しましょう。
いきなり家を訪問して塗り直しを勧めてくる塗装業者がいますが、これは一番危険です。そもそも、リフォームの提案は建物を構造から全て調査しなければできないものです。ろくに調査もせず建屋の寸法だけは測って見積もりを出してくるような業者を信用してはいけません。外壁のクラックや塗料の劣化など、塗り直しが必要である証拠を業者と一緒に必ず確認するようにしてください。また、大幅な価格交渉に応じる業者は最初から水増しした金額を提示している可能性があるので、避けた方が良いでしょう。即決の契約を迫る業者も信用できません。信頼できる業者は始めから適正価格で見積もりを出すので、価格交渉の余地はないケースが多く、お客さんに考える時間も与えてくれます。
外壁塗装は経済的な負担が大きい工事になるので、信用できる業者の選定が重要です。失敗すると塗り直しに大金がかかってしまうので十分注意してください。

外壁塗装を依頼する際に

外壁塗装の業者さんと契約して外壁塗装する事が決まったら、色見本帳というもので色をきめなければなりませんが、これが、小さすぎて大きな住宅に塗ったらどうなるのか?想像するのが大変です。塗料としては、年々ゴム性で弾力があるよいものが出ていますが、色を決めると家や住宅街であればその雰囲気まで、一気に変えてしまうくらいの効果があります。奇抜な黄色や、あまりの真っ白なものは、光と間違えて、虫がよってきます。外にあるものだけに淡いピンクなども汚れが目立つうえ、直接日光が当たると色は褪せていき、何の色だかわからなくなります。
そんなことから、グレーの濃いめのものやブラウン系の濃いめのものなどは、汚れもあまり目立たずに色褪せてもいい感じになります。ボルトーや紺などもおもったより、いいです。ブルーになると真っ青さが塗りたては目立ち、ご近所まわりで窓を開けた時などに青すぎて目がチカチカするという声をきいたことがあります。青にも種類が沢山あるのでグレーかかったものなどにすると、少し違うかもしれないといった具合に色選びのいがいな大切さってあります。一度外壁塗装するとしばらくは塗り直さないと思いますので是非慎重な色選びを家族でたのしみながらしたいものです。

外壁塗装の催促は疑ってかかれ!

マイホームを購入して早12年。そろそろ外壁塗装をしたほうがいいですよという飛び込み営業が家に来ました。壁のあちこちのヒビや外壁の崩れを指摘し、これでは雨が浸水してきますよとかなり脅されました。たった12年くらいで?とは思いましたが、正直に言って安く買った分譲住宅だったので、そんなものかとは思い、やはり安物はダメだなあと妻と話してしました。
外壁塗装をするならもちろん全部の壁をと見積もりをしてもらうと、そこでは150万円ほどかかるとのこと。すべての壁をすればそんなものかと納得していたのですが、たまたま私の親戚がしている塗装屋さんと会うことがあり、見てもらいました。すると、塗装する必要などまるでないとのこと。確かにヒビいっているところもあるが、余程のことがないかぎり、あと5年は大丈夫とお墨付きを頂きました。もう外壁塗装をするつもりだったので、妻とびっくり。その見積もりをした塗装屋そんにそのことを話すと、あなたは騙されていると言われました。何かあっても知りませんよと。親戚にみてもらって大丈夫みたいだと言うと、いきなり電話を切られました。そのあとかけてももう不通で繋がることはありませんでした。
聞いたら、リフォーム系や塗装系は人を騙して仕事を取ろうとする者が多いらしいです。リフォームに絡むことは少し疑ってかかることも必要だと思いました。

Latest Recent

Information

2016/07/19
外壁塗装は家の寿命を長くできるを更新しました。
2016/07/19
日常生活の中で重要な外壁塗装のメリットを更新しました。
2016/07/19
外壁塗装業者はネットの口コミを参考にするを更新しました。
2016/07/19
外壁塗装についてしっかり学びたいを更新しました。
TOP